結婚指輪のブランド選びに悩んだら【いくつかの店舗で比較】

婚約承諾と純潔の誓いの証

手

使い勝手より見た目が重要

男性にとって大きな悩みの種となるのが、婚約指輪選び。結婚指輪と婚約指輪の違いが分からず、そもそも贈る理由を知らない方も多いのではないでしょうか。婚約指輪の意味と身に着けるタイミングを知ることで、婚約にふさわしい指輪を選べます。婚約指輪とは、婚約をした証に男性が女性に贈るものです。女性が指輪を受け取ると、婚約の承諾を意味します。起源は古代ローマまで遡り、女性は男性に対し純潔を守る誓いの意味もありました。左手の薬指に身に着けるのも、古代ローマの頃からの習慣です。これは左手は心臓に近く、薬指は心臓につながっていると信じられていたため。つまり、心から夫婦になることを誓う証となるのが婚約指輪です。婚約指輪にダイヤモンドが飾られるようになったのは、15世紀以降です。最も硬い鉱物のダイヤモンドは、永遠の愛にふさわしい宝石として普及しました。そのため、普段使いには適さなくなり、現在も大事なイベントやパーティーなどに行く際に身に着けるのが一般的です。どの婚約指輪を選べばいいのか分からない方は、まずパーティードレスに似合うかを考えるといいでしょう。華やかなパーティードレスに負けない婚約指輪であれば、タンスの肥やしになることはありません。また、普段使いは全く考慮する必要はありません。普段は結婚指輪を身に着けるため、見た目重視で選ぶことをおすすめします。婚約指輪を取り扱っている店舗には、ブライダルジュエリーコンシェルジュが在籍しています。丁寧なヒアリングを基に最適な提案をしてくれるため、相談されることもおすすめです。

Copyright© 2018 結婚指輪のブランド選びに悩んだら【いくつかの店舗で比較】 All Rights Reserved.